“災害から生命を守るIoT”で御提供、出来る事

概要

OSはLinuxで各種アプリケーションを動作出来る、高性能で廉価なCPU基板と無線回路搭載の主装置“と、
各種計測、制御が出来る“無線子機”を開発。
“無線子機”には利用者が要求される各種計測用センサー”を接続できます。
御希望に合ったアプリケーションの開発を承ります。

対象市場

見守り=>一般家庭、介護施設、病院、保育所、託児所、各種車両(ドライバー) 等

セキュリティ=>一般家庭、オフィス、各種施設 等

各種計測・制御=>水耕野菜工場、ビニールハウス、各種冷凍・冷蔵庫、空調機器 等

監視=>構造物の破損・倒壊、土石流、地滑り 等

災害情報通知=>一般家庭、オフィス、学校、各種施設、各種車両 等

“主装置” 試作品

"無線タグ無線センサーバイタルセンサー等の無線子機とコードレスに通信し

データを装置のWeb UI(ホームページ)に、値・グラフ・ログ・状態等を随時表示。

□異常を計測すると、メールで複数のアドレスに装置より即時通知。

□計測データをログ保存、定期的にメール送信。

□各種設定はWeb UIで設定可能。    

 

アプリケーション事例

①災害情報通報装置:緊急地震速報を受信し設置場所への“予測震度・猶予秒数”を音声アナウンス通知

=>TV/ラジオ/スマホ等より早く。通知が終わるとNHKネットラジオを自動放送=>津波発生、被災状況の把握が可能。

 “予測震度・猶予秒数”をメールで通知=>離れて暮らす家族等が被災状況を把握出来る。

②ホームセキュリティ:ドアー開閉、火災・ガス漏れ検知、緊急呼出メールなど

③ホームオートメーション:エアコン、照明などの遠隔操作

④高齢者見守り:対象者が操作しなくとも状態異常を通知

1:Wi-Fi 2:USB 3:無線モジュール(無線タグ、子機と通信) 4:DC5V

"無線タグ” 試作品

無線タグを=>ヒトの衣服に付けて

⑤転倒したら=>メール通知、Web画面に“転倒アイコン”表示

⑥タグの廻りを2回叩くと=>メール通知 例:“介護を要請します” Web画面に“呼出アイコン”表示 

無線タグを=>ドアー・窓に付けて

⑦開閉・衝撃を検知=>メール通知、Web画面にテキスト表示  

1:加速度センサー 2: 無線モジュール+MPU内蔵 3:電源3.3V(ボタン電池)

"無線子機” 試作品

無線子機を屋内の各場所に設置して

無線タグを付けたヒトを検知して居場所を通知=>Web画面 例:山田太郎氏 居場所“リビング”

無線タグを付けたモノを検知してモノの在り場所を検知=> Web画面

例:“医療機器#007:2Fナースセンター”

⑩無線タグを付けたヒトを識別して場所への滞在時間異常を通知=>メール通知 Web画面に滞在異常アイコン表示

 “例:A氏、トイレ滞在時間が20分(任意設定)を超えました。”

⑪布団下に体液検知センサー設置し接続=>作動をメール通知 

例:下半身設置 “排尿を検知” 上半身設置“嘔吐・吐血を検知”

⑫温湿度異常を通知=>メール通知 例:“寝室の温度が40℃を超えました。”=>“熱中症注意”喚起

⑬市販の火災、ガス漏れ、侵入感知器等を接続して=>メール通知 例:“キッチンでガス漏れを検知しました

⑭市販の各種センサーを接続して=>メール通知 例:電力消費○○kWhを超えました“(ガス・水道など)”:HEMS

⑮輸液装置にセンサーを接続して輸液供給異常を通知=>メール通知、Web画面

⑯市販の赤外線学習リモコンを接続しスマホ・タブレットのブラウザから家電機器を制御=>例:エアコン操作

⑰地震で揺れる前に自動防災制御=>例:火の元遮断、照明点灯

⑱各種計測データ:Webで値表示・グラフ表示、ログの保存

Copyright © 2017 Field Technology Institute inc. All Rights Reserved.