農業革命事業案「旬の再現と超越」

地球温暖化で十年後に迫る作物収穫危機のソリューション

SDGsエス・ディー・ジーズ

Sustainable Development Goals持続可能な開発目標)」達成化事業

地球温暖化により屋外での作物収穫量は激減します。

しかし現在は水耕栽培や養液潅水等で様々な作物を屋内で収穫する事がIoTAI技術により可能になりつつあります。

世界各地で必要とされる作物、消費量をAIで分析し効率よく栽培する事も可能になります。

アプローチ

STEP1:AIを活用し作物需要地の「作物品種・品質・経済性」などから必要性の高い作物を判断。

判断項目=>「どこで・何を・どんな品質で・どれだけの量を・どんな栽培方式で」

世界各地消費者の必要栄養素(必要食に関する)データの分析も実施。

 

STEP2:作物種の最も「適地・適作」の栽培環境データを産地より収集。

屋外は気候変化で環境が変化しますが屋内では栽培作物に適した環境に維持する事ができます。

栽培作物別に各種環境を換え糖度や大きさ見た目など需要に合わせた作物に栽培する事ができます。

 

STEP3:産地栽培環境収集データ、作物種の各地必要性・経済性データも活用し、屋内栽培へ反映。

 

STEP4:土耕・水耕・養液潅水など各栽培方法による平均的データを分析。

作物は種類により、ベストな環境が異なる。現実的に有用活用レベルにするためには特定作物に限定し、

その作物を最も効率的かつ安定的に提供できる方法をデータをもとに屋内栽培で再現させる。

 

STEP5:情報技術により、必要なものを必要分、育てる。

作物は、地球上の個々の生育環境に適した地域で収穫が出来ていました。

しかし地球温暖化で、作物産地の環境は急速に変化しています。

最早、各作物生産者の勘やノウハウは環境悪化により適用出来ない状況です!

AI分析で得た必要な作物、需要、消費量から

各産地の気中・土中の環境データを的確な方法で収集しAIで分析し、

各地で必要とされる作物を、各地の屋内装置“で栽培出来るプロセス構築は急務です。

 

我々の持つ通信技術等や永年に渡る屋内作物栽培技術を駆使して早急に事業化し

後世の人々に“我々が味わった美味しく健康に良い作物”を栽培出来る技術を確率し

提供することは地球温暖化に加担した先人の義務であると考えます

野菜の鮮度を保つ輸送方法と長期保存について